プロフィール

よよっち♪

Author:よよっち♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


↓手作りブログです♪


あみちく♪カフェ


最近の記事


コメント


トラックバック


みんな幸せに♪

banner_rectangle.gif

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

ブログ内検索


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんな ありがとう♪

たくさん コメントや メッセージを もらって、

とっても 嬉しかったですっ!



母と、仲直りも 出来ました。

本当に ありがとうございましたっ!!!



ちゃんとね、母に 謝りました。

「言い過ぎた。ごめんね。」

って。



母も、

アタシが 言った事を

ちゃんと わかってくれたようで、

悪いところを あらためる努力を してくれています。



とにかく、

仲直り出来て、本当に ヨカッタ。



みんなの コメントの おかげです!

本当に ありがとう♪




でもね、

1つだけ、

元に 戻せないモノが 残って しまってます。




今回の けんか。



アタシが、

母に 言った事は、

【母に直してもらわないと家族全員が困ること】

でした。




母が、

アタシに 言った言葉は、

【アタシを 傷つける言葉】

でした。



アタシの病気は、

現在の医学で治せるものではなく、

また、障害に 関しても、治るものでは ありません。

一生、つきあっていかなくては ならないもの なのです。




病気や 障害の事を 言われても

アタシは、治しようが ありませんし、

まさか、

実の母親に、

あんな事を 言われるとは 思ってもみなかった。




たぶん、

アタシは、

【あの言葉】は、一生、忘れられないだろうし、

今後、何かあるたびに 思い出し、

スイッチが はいったように、

大泣きするんじゃないかと、思います。




でも、

仲直りした今は、

なるべく 考えないように していたい。



いつか、

それが 出来なくなった時、

アタシは、一人で生きていくことを、選択するかもしれない。

そんな風に、思っています。




だけど、

みんなに もらった コメントを 読んで、

『家族だからこそ・・・』

と、いう、言葉を 見つけ、

今は なんとか、

これからも なんとか、

『家族として』

やっていける 気がしました。




家族だから、

母の本音が 出たのかもしれない。

だとしたら、

傷ついて、泣いて、凹むんじゃなくって、

何か やる事が、きっとあるはず。




病気と障害をもった娘を かかえる母に対して、

病気のアタシが、母にかえせる何か。




今は、

「それ」が何なのか まだわからないけれど、

「それ」を 見つけられるように、

生きていきたいと 思います。




頑張りゅ。




みんな、

本当に、ありがとう♪




にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ



ひきつづき、コメントにはお返事できそうもありません。

ごめんなさい m(__)m。


スポンサーサイト

コメント

私の父は難病でした。
しかも、完全介護の寝たっきり。呼吸さえも自力で出来ない病気でした。
で、あたしも喘息で、自力で治さない限り一生薬とお付き合いです。
なので、度合いは違えどどちらの気持ちもわかります。
介護する側、される側(長期入院経験あり)。
病気の当事者も辛いんですが、介護するのも相当ですよ。
それに知的障害じゃないのなら、自立しててもいいお年じゃないですか?
その年まで、おうちにおいてくださったことに感謝するべきでしょう。

よよっちさん、よく頑張った!
ぎゅ~~~~!だわ(笑)

介護する側とされる側の気持ち、どちらも相当辛いと思うし大変だと思う。
どちらも経験のない私が書くには難しく軽々しくは書けないけど、感謝してるから
>病気と障害をもった娘を かかえる母に対して、
>病気のアタシが、母にかえせる何か。
って思うのだと思ってます。
病気になりたくてなった人なんていないし、自分の病気を受け入れること、その周りの家族もどんな気持ちだったかって思うと言葉も出ない。
病気に年齢はない。
うまく書けないけど、甘えとか思ってないよ。
同じ病気でももっと辛い環境の方もいるとは思うけど、だからって今のよよっちさんの環境を甘えなんて思ってないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

よかったねー。よよっち。
出してしまった言葉は、消しようがない。どれだけ後から誤っても、一度聞いてしまった言葉って、心に残っちゃうよね。
でも、その言葉って、心にあるほんの一部分のことじゃないかなーなんて思う。「にんげんだもの。。。」みたいな感じ。。。。
ワタシは、よよっちとは、また全然違ったことで、2人の大切なヒトと絶縁しちゃったの。1人はね、家族。許し合える事っていいなーと思う。
うまくは言えないけど。。
がんばらないで、がんばりゅでいこうぜー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

言葉は消せないもんね。
私は小さい時から、母親にひどい言葉を言われてきたけど、許せてるって言ったらウソになるわ。
母親の身体もどんどん不自由になってるし、いずれは介護する事になると思うけど…心のトゲが邪魔する事はあると思うねん。
それが、不安でもあるよ。
綺麗事では済まないのが、人間でもあるしね。
子供を持った今、産んでくれてありがとう☆って感謝の気持ちと、子供に何故あんな言葉を言えるんだろう?っていう気持ちがあるよ。
でも、母親の事を大事にしようと思ってる。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。